TOUCH口腔機能回復センター http://touch-clinic.jp/ (舘村歯科クリニック内) 一般社団法人TOUCH http://www.touch-sss.net/

口腔機能の歯医者-DocTak舘村卓のささやきⅡ

摂食嚥下障害や音声言語障害に悩む方々のお役に立てる情報を提供します.

TOUCH Team for Oral Unlimited Care and Health
限界無き口腔ケアと健康のための医療福祉団
口腔機能の歯科医師 舘村卓は以下の代表を務めています
TOUCH口腔機能回復センター(舘村歯科クリニック) http://touch-clinic.jp/
一般社団法人TOUCH http://www.touch-sss.net/

はびこる不可思議リハビリテ-ション(3)-吹き戻しでのblowing訓練は口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能の改善に効果があるのか-

不思議リハビリテ-ションシリーズの3回目です.

 口唇機能が低下している場合や脳血管障害後の鼻咽腔閉鎖不全症に対するリハビリテ-ションの一つとしてblowing訓練が行われることがあります.その際に「carnival blow(CB)」(吹き戻し,巻きどり,巻き笛)が用いられることがあります.CBは医療機器でしょうか?もちろん違いますが,かなりの公的な団体(例えば,公益財団法人長寿科学振興財団が提供している健康長寿ネット)でも勧めています.

 

blowingが可能であるには,当然口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能(velopharyngeal function VPF)が正常であることが必要です.とすると,blowing訓練は鼻腔に呼気が漏出するために,閉鎖不全の改善のためには矛盾しますよね.ところが,この訓練を継続でき,一見機能改善が進んでいるかのように見える人がいます.

 その理由は,CBを1回吹き伸ばすと巻紙の中に入っているバネの金属線が「伸びてしまう」ために,二回目以後に吹き伸ばすための口腔内圧が小さくて済むためです.blowingのための呼気圧は低くても,バネが「へたっている」ために継続できるのです.継続できるのであれば良いのじゃないかと思われるかもしれませんが,問題があります.健常者であればblowing時の口腔内圧の大きさと口蓋帆挙筋活動は相関するのですが,重度の閉鎖不全の場合には口蓋帆挙筋活動は口腔内圧の大きさに関わらず低いままということです.さらに,最大筋活動の70%以上の筋活動は筋疲労を惹起しますので,結果としては無効ということになります.

 Youtubeに関連する動画をuploadしました.7分の動画です.

PCの方はこちらから,スマホの方はこちらからどうぞ.

 

 ではVPIに対してはどのような訓練が望ましいのか?5月1,8日開催のTOUCHウェビナーVPFでお話します.ゴールデンウィーク中ですが,よろしければご参加ください.

詳細はTOUCHのHPまで.

f:id:DocTak:20220124182200j:plain

一社TOUCHQRコード

4月6日の猫額庭の桜です.満開になり,ようやく春になった気持ちでしたが,今日11日には散り急いでおります.

f:id:DocTak:20220406225701j:plain

猫額庭の夜桜2022年

第67回 アドバンストウェビナー終了しました

第67回ウェビナーへのご参加,有り難うございました.次回「第68回口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能ウェビナー」の募集開始しました.

3月6日,20日にアドバンストウェビナー(事例検討ならびにon-line QUIZ)を開催しました.これまで同様にCocripo社の協力で実施しましたが,同社の2月のシステム改変(おそらく)後,著しいバグと思われる事象が発生しました.音声が途切れる,動画が止まる,私が消える(別に映っていなくてもウェビナーはできますが....)といった不都合な事象が数々発生しています.同社には,3月6日開催後にクレームを入れましたが,20日には改善の程度は限定的でした.そのため,多くの参加者の方々には大変ご迷惑をおかけしました.また予約されていた方の中には,リマインダーメールも届かなかったとのことで,今後の開催を同社で行うのが良いのか思案中です.

IT系のお仕事は,(言葉悪いですが)時代の流れにマッチすると,大きく成長するのを見ます.今月の日経新聞の「私の履歴書」は,かつて私もお世話になった「一太郎」のジャストシステム(JS)の創始者,浮川和宜さんのお話です.日本でパソコンが個人で所有するようになる黎明期に,まさにジャストミートしたことが細かく述べられ,大変興味深く読んでいます.JSさんの場合には時代を駆け抜けて成功者となられたのだと思いますが,最近は良いソフトが出たと思うと,すぐに似たものが他の会社から上市され,しかも先駆ソフトよりも安価で機能が豊富ということが多くなってきたように思います.その結果,資本力の勝るところと合併(聞こえは良いけれど,実質的には吸収)されたとたんに,ソフトの質が低下するような気がします.

次回,ウェビナーは,摂食嚥下機能とspeechの要衝であるにもかかわらず,ほとんどの臨床家や研究者が,見て見ぬふりをして通り過ぎる「ヒトにしか具備されていない」口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能についてのウェビナーです.おそらく世界でここだけのウェビナーです.協力社について検討中ですが,予定では5月1日,8日に予定しています.speech職の方々には是非ご参加いただきたいと思っております.

詳細はこちらから.

 

猫額庭の椿です.今年もやっと春が来たようです.

f:id:DocTak:20220321181813j:plain

猫額庭の椿

 

咀嚼機能の向上のためのプレート訓練?VPFウェビナー受講申し込み開始しました

Covid-19はまだ収束せず,地球破滅に向かわせるような某国のウクライナへの戦争に気分は滅入るばかりです.

少し春めいて来たことで,ストレスの若干の軽減になっているでしょうか.

さて,今日TOUCHクリニックにお越しになられたお子さんについてです.もともとはRobin sequenceのためにglossopexyをされ,その後に経過観察されている3.5歳のお子さんです.いくつか口腔機能についてのご相談を定期的に受けています.

先日,某病院で「なかなか咀嚼ができなくて」と相談されたところ,軟性樹脂のプレートを「奥歯で噛ませるように」との指示を受けたのだけれど子供がしてくれない,とのことを相談されました.軟性樹脂のプレートを咬合する効果については,私たちも高齢者を対象にした研究(要介護高齢者における継続的クレンチング訓練の咬合力賦活効果
—筋電図,3 軸力センサを用いた解析—.顎顔面補綴,43(1),26-35,2020,)で報告しています.どのような訓練も「適応」があります.食事ではない「軟性樹脂プレート」を臼歯で噛みしめることができるのは,その必要性を理解できる人に限られます.すなわち,以前に書きましたように「ガーゼで包んだ食物」は食物ではないので訓練にならないのと同様です.

人間は「必要としなければ動かさない」が原則です.テストがなければ勉強しない,ということですね.重要なことは,咀嚼も必要がなければ行わないということ(だから一口30回噛むことはできない)と舌が前後上下左右に運動できることです.したがって,舌の左右運動が見られるかの評価の上で訓練方法を決定する必要があります.

このお子さんが食事を摂るところを観察すると自身で臼歯部に食事を持っていき,下顎と舌を左右に運動させていました.すなわち,全く問題がないことが判りました.ではなぜ咀嚼していなかったのでしょうか?それは咀嚼する必要のない舌と口蓋で押しつぶせる「離乳中期食」のような物性」であったために咀嚼が必要なかったからです.

このお子さんに対しては,1)物性を高める,2)物性を高めた場合にはいったん一口量を少なくし,徐々に大きくする,ということです.これらの背景については,新シリーズでの基礎Aでお話します.

4月3,10日開催の「ここだけしかないVPFセミナー」の募集を開始しました.3月20日開催の事例検討アドバンストウェビナーも募集中です.こちらをご覧ください.

f:id:DocTak:20220124182200j:plain

一社TOUCHQRコード

事務所横の「猫額庭」の白梅も満開になりました.世情は涙するような状況ですが,少しだけ穏やかな気持ちになりたいものです.

f:id:DocTak:20220312180516j:plain

TOUCH猫額庭の白梅

 

 

TOUCH摂食咀嚼嚥下ウェビナー基礎B(評価)終了しました

1月9日,23日 表記ウェビナー終了しました.

まだまだCovid-19が収まりません.新たなオミクロン株も登場ですが,これまでとは少々感染の様相が違うようなことが報告されているようですが,相変わらず感染者数の報告ばかりで実態がデータで提示されないので,魏疑心暗鬼になってしまいます.

 

この国はなぜ「数字」を大切にしないのでしょうか?先日も国交省が過去の資料を職員が改竄していた,それも長期間にわたって行っていたことが報道されていました.このような改竄は国交省だけなのか? 厚生労働省への地方自治体からの報告が,FAXで行われるということがCovid-19禍が始まった直後に報道されていて,その理由が「ネットで報告すると改竄されるからだ」との訳のわからない説明を官僚がしていましたが,これは本当のところは手書きのFAXの方が,後々都合よく書き換えられるからではないのかと邪推しますね.

蔓延防止の効果は,官僚によると,「それなりに」出ていて,地方によっては「劇的」だそうですが,これ何?定性的で,再現性のない表現ですね.この国にはデータアナリストが生まれないと言われますが,「そうだろうよ,元データ勝手にいじるのだから」と思っています.

話が長くなりました.某学会が勧める評価法も,よく似ています.この何だかよくわからない評価方法の問題を説明いたしました.学会も変わりませんね.

さて,次回のウェビナーは,2月27日,3月6日に開催するアドバンストウェビナーで,事例検討です.よろしければご参加ください.詳細はこちらからどうぞ

f:id:DocTak:20220124182200j:plain

一社TOUCHQRコード

 

令和4年,新年おめでとうございます。

今年もTOUCHウェビナー継続します.

2020年令和4年,新年あけましておめでとうございます.

昨年は(も)Covid-19に振り回された1年で,当初は非常態の生活スタイルと思っていたのが,非常態が常態になってきたかのようなハイブリッド生活になれてきました.これが良いのか悪いのかを見極めるには,しばらく時間がかかりそうです.それまではしぶとくかわしながらやっていくしかなさそうです.

 

VF,VEは本当にGold standardと言える検査法なのか?廃用化した機能の評価は可能なのか? 改定水飲みテスト,フードテスト,反復唾液嚥下テストは本当にスクリーニング検査なのか,集団での結果から導いた基準は個人で得られた結果応用できるのか,一体,何がわかるのか?

次回TOUCH摂食嚥下ウェビナー(基礎B)で突き詰めたいと思います.

 

今年も「猜疑心一杯」の「ひねくれ者」の臨床についてお話していきたいと思います.

読者の皆様のご多幸をお祈りし,今年もTOUCHをよろしくお願いいたします.

f:id:DocTak:20220101155442j:plain

2020年元旦雪の額猫庭

 

 

自分は絶対にしないけれど他人には強いるリハビリテ-ションとは何?(2)

はびこる不可思議リハビリテ-ション-味のあるものを臼歯咬合面に乗せると自動的に咀嚼するか?

第65回TOUCH基礎ウェビナーA,11月23日,28日終了しました.多数のご参加,有り難うございました.次回基礎B(評価)は12月26日,1月9日を予定しています.年末年始でお忙しいでしょうがご参加くださいますと幸甚です.

 

さて前回に続く「不可思議リハビリテ-ション」シリーズの2回目です.

前回の小児の担当ST先生とは異なるST先生の指導です.「咀嚼運動を促すために臼歯咬合面に食物をのせる」という指導が行われます.咀嚼運動は精緻な神経筋機構によって行われる高度の機能ですが,マクロの視点で見ると「下顎と舌が,共に前後上下左右方向に運動し,食物をかみ砕き磨り潰す」運動です.同時に刺激唾液が分泌されることで,食物の味覚物質が唾液によって味蕾に運ばれて味が知覚できます.

すなわち,臼歯咬合面に「味のあるもの」を載せたとしても,舌が左右運動できていなければ咀嚼できませんし,臼歯によって食物が磨り潰されて味覚物質が生じなければ味はわかりません.食物が勝手に味覚物質を,「香り」のように出しているのではありません.また,仮に「勝手に」味が生じたとしても咀嚼するわけではありません.例えば,アイスクリームは,口の中で溶けても,咀嚼しません.この「臼歯咬合面に食物を乗せるリハビリテ-ション?」は,歩行機能を促すために「靴を履かせる」という本末転倒の介入と同様のように見えます.

 

咀嚼運動を促すためには,舌運動を左右方向に誘導するための機能訓練を優先するべきであり,左右運動が生じてから離乳後期食に準じた物性の食物を提供するべきです(終了した基礎ウェビナーAで紹介した方法です).またその場合には,一口量にも注意が必要です.

口の機能を触る人には,是非基礎的な口腔生理学を知っていただきたいと思います.何となく「先人が行っていたから踏襲する」というのは止めていただきたいと思います.

「理論なき実践は暴力である」

f:id:DocTak:20211129172056j:plain

猫額庭の紅葉 もう秋も終わりです

自分は絶対にしないけれど他人には強いるリハビリテ-ションとは何?(1)

はびこる不可思議リハビリテ-ション-ガーゼに包んだ食べものは食べ物か?

 毎月2度,大阪府歯科医師会CPセンターで摂食嚥下障害の診察をしています.

 ある男児が半年に一度通院してきてくれます.約3年前の初診時には原始反射が強く,首もすわっていませんでした.固形物が摂取できる条件は,年齢や疾患にかかわらず,「首がすわる(うなずき頭位が採れる)」と「原始反射が見えなくなっている」の2条件です.

 もともと(現在も)ある有名で立派な小児専門病院に通われているのですが,その病院のST先生から「原始反射があるので訓練はできない」と言われていました.不思議なのは「原始反射の脱感作も訓練」なのに,なぜか介入がなかったため,当方で脱感作のためのプログラムを提供し,約1年を要しましたが脱感作でき,スプーンや歯ブラシが挿入できるようになりました.

 脱感作できたので(その病院には当方に通院されていることは伏せられていますので勝手に脱感作したと思われているようです),その病院で訓練が始まり(実際には当方で開始していました)ました.

 ST先生からは,咀嚼訓練と称して「誤嚥すると危険だからガーゼに包んだ飴玉や味が出るもの」を臼歯部に置けとの指示でした.これは,「訓練」と称する,全く意味のない指導と言わざるを得ません.

 臼歯咬合面に「何か物」を置けば,咀嚼運動が自動的に開始されるでしょうか?咀嚼運動の最低条件は「舌が前後上下左右に動くこと」であり,「これは食事である」ことが認識されなくては,一連の摂食咀嚼運動は始まりません.

 ガーゼに包んだ食物を食べられたことがあるでしょうか?その食物?を咀嚼されたでしょうか?舌運動が前後方向に制限されていても咀嚼運動が勝手に生じるでしょうか?

 不思議なことを臨床の現場で経験することがあります.それは「自分は絶対にしないけれど患者はできる」「自分は絶対にしたくないけれど患者にはさせる」ことです.自分のできないこと,試したことがないことをどうして患者さんに強いるのでしょうか?

 

 しばらく,ブログを更新していませんでしたが,どうしても腹立たしいことに直面する機会が何度もあったので,ここしばらく「なぜ,あなたは患者に強いるのか?」をシリーズでします.例えば,「口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能の賦活には軟口蓋を綿棒で刺激する?」「食物は臼歯に乗せるだけで勝手に味が出る?」「嚥下時に頭部が前屈するのでバギーで後傾姿勢にする」などです.

 私のコメントに異論のおありの方は是非生理学的立場からご指摘ください.待っております.次回のウェビナー基礎Aでもとりあげたいと思います.

 

f:id:DocTak:20211120182523j:plain

ガーゼ食?な、何なんだ,これは?